2006年5月 4日 (木)

マルクス主義へのまなざし(安吾の場合)

  清水幾太郎の思索と行動の軌跡を見ていこうとするとき、マルクス主義や共産党との関係について考えないわけにはいかない。これは清水に限らず、戦前・戦中・戦後を通じて日本のインテリ一般について言えることである。その理由は、第一に、マルクス主義は資本主義化する社会に発生する社会問題(貧富の二極化問題)の解決のための思想で、当時の日本社会の状況に適応可能だっこと。第二に、マルクス主義は西洋からの輸入思想だが、インテリは西洋思想の輸入・販売のエージェントとして機能してきたこと。第三に、富国強兵という実利優先の時代にあっては、(文系の)インテリは体制の周辺ないし外部に置かれることが多かったから、体制批判の理論としてのマルクス主義とは親和性があったこと、などをあげることができる。
  ただし、インテリとマルクス主義や共産党との関係は、時代や、インテリの出身階層によって異なる。森鴎外や夏目漱石はマルクス主義や共産党とは無縁であった(日本共産党が非合法下に結成されたのは1922年=大正11年である)。1960年代以降の生まれのインテリにとってもマルクス主義や共産党との関係は大きな問題ではないだろう。労働者階級出身のインテリにとってマルクス主義や共産党が親和性をもつものであったのは当然だが、他方、資本家階級出身のインテリにとっても「自責の念」と「社会正義」を伴った社会科学的な理論と運動として大きな影響力をもった。
  清水幾太郎は1907年(明治40年)の生まれで、祖父は元旗本、父親は日本橋で竹屋という時代遅れの商売を継いでいたが、1919年(大正8年)に本所に移って洋品雑貨の商売に転じた。世代的には青年の間の流行思想が無政府主義からマルクス主義へと移行する過渡的な世代であり、階層的には世代間の下降的社会移動の結果としての下層自営業者の出身である。したがって、清水とマルクス主義や共産党の関係は単純明快なものではない。
  清水よりも一つ年長(1906年=明治39年生まれ)の坂口安吾の自伝的小説「暗い青春」(1947年)の中にこんな箇所がある。

  戦争中のことであつたが、私は平野謙にかう訊かれたことがあつた。私の青年期に左翼運動から思想の動揺をうけなかつたか、といふのだ。私はこのとき、いともアッサリと、受けませんでした、と答へたものだ。
  受けなかつたと言ひ切れば、たしかそんなものでもある。もとより青年たる者が時代の流行に無関心でゐられる筈のものではない。その関心はすべてこれ動揺の種類であるが、この動揺の一つに就て語るには時代のすべての関心に関連して語らなければならない性質のもので、一つだけ切り離すと、いびつなものになり易い。
  私があまりアッサリと動揺は受けませんでした、と言ひ切つたものだから、平野謙は苦笑いのていであつたが、これは彼の質問が無理だ。した、しなかつた、私はどちらを言ふこともでき、そのどちらも、さう言ひきれば、さういふやうなものだつた。
  …(中略)…
  私はともかくハッキリと人間に賭けてゐた。
  私は共産主義は嫌ひであつた。彼らは自らの絶対、自らの永遠、自らの真理を信じてゐるからであつた。
  我々の一生は短いものだ。我々の過去には長い歴史があつたが、我々の未来にはその過去よりも更に長い時間がある。我々の短い一代に於て、無限の未来に絶対の制度を押しつけるなどとは、無限なる時間に対し、無限なる進化に対して冒涜ではないか。あらゆる時代がその各々の最善をつくし、自らの生を尊び、バトンを渡せば、足りる。
  政治とか社会制度は常に一時的なもの、他より良きものに置き換へられるべき進化の一段階であることを自覚さるべき性のもので、政治はたゞ欠陥を修繕訂正する実際の施策で足りる。政治は無限の訂正だ。
  その各々の訂正が常に時代の正義であればよろしいので、政治が正義であるために必要欠くべからざる根底の一事は、たゞ、各人の自由の確立といふことだけだ。
  自らのみの絶対を信じる政治は自由を裏切るものであり、進化に反逆するものだ。
  私は、革命、武力の手段を嫌ふ。革命に訴へても実現されねばならぬことは、たゞ一つ、自由の確立といふことだけ。
  私にとつて必要なのは、政治ではなく、先ず自ら自由人たれといふことであつた。
  然し、私が政治に就てかう考えたのは、このときが始めてゞではなく、私にとつて政治が問題になつたとき、かなり久しい以前から、かう考へてゐた筈であつた。だが、人の心は理論によつてのみ動くものではなかつた。矛盾撞着。私の共産主義への動揺は、あるいひは最も多く主義者の「勇気」ある踏切りに就てゞではなかつたかと思ふ。ヒロイズムは青年にとつて理智的にも盲目的のも蔑まれつゝ、あこがれられるものであつた。…(中略)…
  青春の動揺は、理論よりも、むしろ実際の勇気に就てヾはないかと思ふ。私には勇気がなかつた。自信がなかつた。前途に暗闇のみが、見えたのである。 (『教祖の文学』、草野書房、昭和23年、278-281頁)

  個人の自由を最上位に置く思想は、無政府主義(とくに大杉栄)の特徴である。大杉があれほどボルシェビズムに反対したのはそれが組織への個人の服従を絶対条件とするものであったからである。個人の自由を抑圧する権力は、体制内のものであれ体制外のものであれ、悪なのである。無政府主義が青年を魅了し、同時に、社会運動の指導原理としては無力であった理由がここにある。関東大震災(=大杉の死)以後、事情は変わった。国家権力の弾圧の下で、党員が党に服従することは、勇気ある行為として青年たちの目には映った。自分が勇気ある人間であることを他者に呈示することは、ゴフマンのトラマツルギーの用語を援用して言えば、青年期における「印象管理」の重要な課題であろう。安吾の文章はこのへんの心理を的確に伝えるものであり、清水とマルクス主義や共産党の関係を見ていく場合にも当てはまるものではないかと思う。ちなみに文中に登場する平野謙(文芸評論家)も清水と同年の生まれである。

|